2014年の運勢 七赤金星

PPU_romio500-thumb-186xauto-843

(大正10/昭和5・14・23・32・41・50・59/平成5・14・23年生まれ)
※その年の立春(2月4日頃)より前の誕生日の人は、前年の九星になります。
例:昭和56年2月3日生まれの人は、一白水星ではなく、前年の55年になり、本命星は二黒土星になります。

2014年の運勢(変化宮)
・生活や仕事のやり方を見直すとき
・今まで不完全燃焼だった人には現状打破に全力を傾けたい年
・吉凶が出やすい時期なので、リスクの高い頼まれ事や仕事は見送るのが安全

自らの星が東北の変化宮に入り、本宮には奉仕の活動力や独立性をカギとする六白金星のめぐる2014年は、既成概念からの脱皮、逆転の発想が求められそうです。公私共にオーバーペースの今期、舵の取り方ひとつで吉凶にも差がつきます。何でも1人で抱え込まないこと。特にリスクの高い仕事や相談は避けて安全。自らの責務を果たす努力は必要ですが、よけいな事には口をはさまない、首を突っ込まない。そんな優等生が演じられれば、秋以降は評価運が上昇の暗示。むしろ、生き方や仕事のやり方を見直すには好機。今まで不完全燃焼気味だった人には現状打破に全力を傾けたい年。

恋愛・結婚運
・あやふやな関係に決着がつく
・一歩譲って気遣いを。問題は話し合いで解決
・いっしょに頑張る連帯感が愛を深める
・恋人いない歴の長い人には運命の出会いがあるかも

いつの間にかマンネリに陥っていたり、一気に情熱が冷めてしまったりとラブ運は大渋滞。でも相手もあなたのストレート過ぎる言動や自分勝手さにへきえきしているのかも。すっぱり別れてしまうのも良いけれど、まだ未練があるのならゴリ押しでこちらを振り向かせようとはしないこと。一歩譲り、細やかな気遣いやユーモアある会話でリラックスムードの演出を。問題は一つ一つ二人で話し合って解決。一緒に頑張る連帯感で愛情を活性化させ、忍耐の時期を乗り切って。フリーの人も出会い運はいまひとつですが、恋人いない歴が長期の人は運命的な出会いが待っていることも。

仕事運
・不測の事態に備える慎重さが重要
・心身ともにベストの状態を保つこと
・現状を維持することが大切。・安易な転職・独立は☓

突然の人事異動や転勤、方針変更で1からやり直しになったりとアクシデント多発の予感。どんな状況でも最後までやり遂げることが課題となる今期、成すべきことの精度を高める努力が運気を分けます。悪材料に負けることなく、的確な方策、フォローができるよう、常に不測の事態を考慮しておく慎重さが肝要です。また職場では、心身ともにベストの状態を保っておくこと。パワー不足で戦線離脱では、築いた信用が無になる恐れ。いかに効率よく疲労やストレスを解消するかが重要なテーマ。キツいからと安易な転職・独立は不調に終わります。現状の維持に心がけましょう。

■ラッキーカラー:白、ゴールド、イエロー、赤
■ラッキースポット:草原、城
■ラッキーアイテム:ムーンストーン、等身大の鏡
■おすすめの食べ物:ミルク、鶏肉料理、スープ料理、辛味のある食べ物、コーヒー、紅茶、餅菓子
■おすすめのインテリア:クラシックな白い家具、輝く金属、アロマポット、月・星・鳥のモチーフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です