九星気学占い

2014年の運勢 六白金星

投稿日:

NKJ56_rousokutosankiraiyoko500-thumb-186xauto-2837

(大正11/昭和6・15・24・33・42・51・60/平成6・15・24年生まれ)
※立春(2月4日頃)より前の誕生日の人は、前年の九星になります。
例:昭和56年2月3日生まれの人は、一白水星ではなく、前年の55年になり、本命星は二黒土星になります。

2014年の運勢(喜楽宮)
・周囲の期待と注目が集まるとき
・社交・対人運が充実
・情報収集もスムーズに運ぶ

自らの星が西の喜楽宮に入り、本宮には活動力や統率力、エネルギーの根源と称せられる五黄土星が巡る2014年は、周囲の注目と期待が集まる年。仕事の充実、営業の拡大、情報収集もスムーズに運ぶ暗示。何事も手抜きのないよう、最後までしっかりサポートを。
また、社交運や対人関係が充実する今期、レベルの高い人物や知識人たちとぜひ積極的な交流を。あなたの知的な魅力に磨きがかかり、心の豊かさを実感するはず。時として悩みごとの突破口が開ける暗示も。何事も真剣勝負で体当たりなら、目的意識をもってアクセスを。

恋愛運・結婚運
・出会い運絶好調
・交友関係がツキを呼ぶ
・広く浅くの交際で選択眼を磨くのも一手
・カップルの人は目移りや浮気は禁物

恋愛運の波が高まる今期、いつもより交友関係に時間を割くことが幸運を呼びます。友人と思っていた人にこれまでとは違う感情を抱いたり、レジャーや会合での何気ない会話から価値観ピッタリのお相手と出会えるかも。一緒にいて楽しいと感じたら、二人の距離を一歩縮めてみるのも良いでしょう。ただ、のぼせあがったあげく泣きを見ないよう、広く浅くの交際を重ねて選択眼を養うのも一手です。カップルの人はさらにうまくいくか、浮気心が芽生えて破局の危機に陥るかの二派に分かれそう。大切な人を失いたくないから、目移りや遊びは厳禁。とくに9月頃の隠し事は泥沼化しそう。

仕事運
・人脈・情報ネットを拡大する好機

・会合、アフター5の付き合いにも積極参加を
・目標や方向転換を考えている人は早めに準備を

社交運が好調な今期、仕事関係の人脈を格段に広げる好機。自営業・営業マンはどんなチャンスに遭遇するかわかりません。会合、研修、アフター5のつきあいも面倒がらずに積極的に参加を。会話ベタならなおのこと、聞き上手になるのが効果的。異業種との交流でも意外な道が開けそう。ただ、昨年の働きあってこその今年の好調なので、あぐらをかいていると、後半息切れ状態に。目標や方向転換を考えているのなら、確かな情報を収集し早めに作戦を練っておくこと。

■ラッキーカラー:白、水色、青、シルバー
■ラッキースポット:湖、カフェ
■ラッキーアイテム:アクアマリン、シルバーの置き時計
■おすすめの食べ物:天ぷら、高級な食材、とうがらしを使った料理
■おすすめのインテリア:クリスタルグラス、シャンデリア、時計、鏡、パソコン、大理石、マーブル柄、水玉、丸のモチーフ

-九星気学占い
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【四緑木星】2019年の運勢

2019年の運勢 四緑木星が北に回座する今年は、俗にいう厄年にあたり注意が必要な年になります。 何か行動を起こそうとすると邪魔が入ったり、困難が伴いやすくなるということです。 仕事やプライベートにおい …

【二黒土星】2019年の運勢

【二黒土星】2019年の全体運 今年の二黒土星は、本命星が北東に入るため、変化運になります。 うまく行っていたことが停滞したりすると、行き詰まりを感じ、精神的に揺れ動いて不安定になりやすくなります。 …

【七赤金星】2019年の運勢

従来の WordPress エディターを使用します。 2019年の運勢 本命星が東南に回座する七赤金星は、昨年からの上昇運に乗り、大きな発展や飛躍が期待できる年になります。今まで温めていたプランや夢を …

【六白金星】2017年の運勢

■2017年の運勢 ・決断は慎重に ・迷ったら信頼できる人に相談を ・実力を磨くにはベストな年 行動には細心の注意を払うべき1年です。常に健康に気をかけるとともに、精神面でも判断力が鈍りやすいため、重 …

七赤金星 2016年の運勢 

■2016年の運勢(整備宮) ・自信があることに専念すること ・自分への投資は◎ ・人との交流が増えるとき 積極的に行動を起こすより、自分の内面を充実させることに適した運気です。石橋を叩いて渡るくらい …