天中殺の過ごし方【出会い編】

28809635_220x220
ここでいう出会いとは、天中殺の年に初めて出会う人のことを指します。
人との出会いは天中殺に限らず、自分の人生が変わるきっかけになったり、大事なターニングポイントになることがあります。
自分の生き方が良い方向へ修正されるような出会いもあれば、より転落へと導かれるような出会いもあるということです。
天中殺中の出会いは、自分の意思以外の出会いであればプラスに働くことが多く、意図的であるほど転落の危険をはらんでいるといえます。
 
スポンサーリンク



 
 
偶然の出会い
出会うことが目的ではなく、たまたま知り合った場合はまったく問題ありません。末永い付き合いになることもあります。異性の場合はすぐに恋愛に発展することもあるでしょう。この場合は天中殺の影響はありません。異性の場合、この時期の結婚や同棲は避けてください。

お見合い
お見合いそのものは形になるものではないので、これも問題ありません。そのまま、お付き合いをしても良いし、見合いを何度繰り返しても良いです。最終的な意思決定は天中殺中には見送るべきでしょう。

出会い系
自分の欲求が裏目に出る天中殺なので、これは影響が大きいです。
天中殺年に友達の紹介や自分の意思で出会い系サイトなどで恋人を見つけるのは危険です。ほとんどの場合、良い結果にはならないといえます。特に、20代~40代の年代の人は単にトラブルだけでなく、自分の人生全般の運を落とすことにつながります。メールの交換程度なら問題ありませんが、出会うのはやめた方が良いでしょう。

パーティーなどの集まり
主催する側も行く側も、みんなで楽しむという気持ちなら大いにプラスの行事になります。
何か下心があったり、仕事を絡ませたり、利益を狙ったり、そうした目的がある場合は思い通りには進みません。

面接など
就職や試験などの面接はお見合いと同じく、それ自体はまったく問題ありません。
天中殺中だからといって、面接試験がうまくいかないことはありません。気をつけるのは、合格して天中殺期間内にすぐに仕事を始めなければならないケースです。
そういう流れになるときは、あまり長続きはしないことがあります。

参考文献:『天中殺(大殺界)の解説』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です