2014年の運勢 一白水星

wallpape-flower-04

(大正7/昭和2・11・20・29・38・47・56/平成2・11・20年生まれ)
※立春(2月4日頃)より前の誕生日の人は、前年の九星になります。
例:昭和56年2月3日生まれの人は、一白水星ではなく、前年の55年になり、本命星は二黒土星になります。

2014年の運勢(準備宮)
・過去のことから新しい発想を得ることがキーに
・今年の行動で来年の結果が決まる。物事に粘り強く取り組むこと
・よい仲間ができる。独身の人にはよいお見合い話もあり

自らの星である一白水星が南西の準備宮に入り、本宮には知力と研究心をカギとする九紫火星がめぐる2014年は、過去のことから新しい発想を得ることがキーになります。
今までの経験を生かしながらも発想力と行動力、そして向上心を忘れないこと。
今年粘り強く取り組んだことは、来年への大きな足がかりとなります。
夏ごろから目標が明確になり、前途が明るくなるでしょう。人間関係では「仲間」がキーワードになります。
日頃から奉仕活動をしていると、イザという時に味方になってくれそう。
転職や異動の周期にあたりますが、失業者や就職活動している人には良い仕事が見つかりそうです。独身の人にはお見合い話もあり。

恋愛・結婚運
・尽くすことがラブ運UPの大きなカギに。自分本位はNG
・相手の価値観を尊重すること
・お金や条件より心を大切に

真剣で誠実な出会いを期待できる今期は、婚活のグッドタイミングです。
お見合いパーティー、結婚サイトなどの出会いの場を積極的に活用しましょう。
気になる相手がいたら、駆け引きせずに真剣にアタックを。ただし、自分本位に思いをぶつけるだけでは、相手の熱も冷めてしまいます。
本音で話しあい、相手を支え愛のエールを送り続ける「尽くす心」がラブ運UPの大きなカギに。
カップルの人は相手の価値観を尊重し、一緒に過ごす時間を大切にすること。
また、どんな時でも、相手の味方であり、良き理解者というスタンスを強く打ち出せば、より深い絆が結ばれるはず。
少々の自己犠牲はいとわない姿勢が大事です。

仕事運
・粘り強さと努力がキーに
・小さな仕事にもベストを尽くす
・チームワークを大切にすると存在感がUP

去年の停滞ムードから脱出できそうです。粘り強さと努力がキーワード。
日常の業務も入念にチェックし、より完成度を高めるべく小事でもベストを尽くすこと。
またチームワークも大切にしたい時。持ち前の社交性を生かして、上司や部下もしくは同僚間のパイプ役になるように意識すれば、仕事の大きな推進力となり、存在感アップも期待できます。ただし、個人的な成果を求める時期ではありません。今は自分の実力を養い、経験を深めるための準備期間と心得て。
営業畑の人は、相手のニーズや市場の動きをしっかりとリサーチ。足で稼いだものは、後々大きな花となって開花します。要領だけで楽しようと考えないこと。

■ラッキーカラー:白・黒・水色・紺・赤
■ラッキースポット:ガーデニングショップ・デパート
■ラッキーアイテム:水晶、ミネラルウォーター、熱帯魚の水槽
■おすすめの食べ物:魚肉料理、刺身、牛乳、お酒、塩辛
■おすすめのインテリア:ガラス素材、金魚、銀のカトラリー、水玉のクッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です