干支

2014年はどんな年?

2014/01/14

5and8_0
こんにちは!ネコ三世です(=‘x‘=)
今回は干支のお話をしてみたいと思います。

2014年(平成26年)の干支は甲午(きのえうま)
甲(きのえ)は十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)という天支の中の1番目にあたります。

甲は大木という意味です。
大地に根を張り、天に向かってまっすぐ伸びていく見事な大木です。
甲の象徴は「貴官」。尊い身分や地位を意味しています。リーダー的な存在ですね。

そして、十二支は午(うま)です。
午は、日本では馬の字で表されています。

午は十二支では7番目、陰陽五行では火は陽、方角では南になります。
西洋数秘術では、7は「変革」「飛躍」を表します。完成された状態や一つの周期の終わりを示すと同時に、次の変化へのさらなる飛躍が期待できそうです。
タロットでも、7は「戦車」ですので、パワフルな飛躍の年になりそうな感じですよね。

午年生まれの人は、情熱的かつ陽気な人気者のイメージがあります。
上の図をみると、午は真南にあり、太陽が一番高い位置にある時間帯です。ここを境に太陽が沈んでいきます。
ちなみに、午時間は1日の時間でいうと12~14時です。お昼のことを正午という言い方をしますが、ここからきてたんですね。

ネコ三世が思うに、
「2014年は勢いがあり、ある出来事が頂点を迎える。一つの区切りを迎える年」
という見方ができると思います。
めずらしく、占い師的な言い方をしてみました(^^;)

2014年も、みなさまにとってよい年となりますように♫

-干支
-, , , , , ,