九星気学占い

2014年の運勢 九紫火星

2014/02/15

wallpape-flower-15

(大正8/昭和3・12・21・30・39・48・57/平成3・12・21年生まれ)
※立春(2月4日頃)より前の誕生日の人は、前年の九星になります。
例:昭和56年2月3日生まれの人は、一白水星ではなく、前年の55年になり、本命星は二黒土星になります。

2014年の運勢(困難宮)
・本来の実力が発揮できない暗示
・勉強や自分磨きにはとてもいい時期
・人間関係には配慮が必要。誠実な姿勢は必ず報われる

自らの星が北の困難宮に入り、本宮には家族関係や引き継ぎを表す八白土星がめぐる2014年は、人間関係で気遣いが必要です。壁に当たったらひとまず休むこと。
本来の実力が発揮できず、精神的に不安定になりがち。やる気もペースダウンの今期、勝ち目がない勝負は早めに撤退もありです。
ただし、勉強や資格の取得などの自己啓発的な活動は大いにツキを呼びます。
また、仕事や家庭環境に対する姿勢が問われる年です。多少大変でも自分の責任はしっかりと果たすこと。
地味でも誠実な姿勢は必ず報われるもの。気持ちを切り替えて今年を乗り切りましょう。

恋愛・結婚運
・自分からのアクションは控えて ・お誘いがあっても友達からが無難
・カップルの人は愚痴や八つ当たりをしないように注意

昨年の好調期の勢いで突進すると、落とし穴にはまります。
外見ばかりで中身のない人に夢中になったり、つき合う気のない相手がストーカー化したりしそう。
自分からのアクションはなるべく控え、お誘いをかけられても友達でとどめておく方が無難です。
カップルの人は、経済や仕事の問題、身内のイザコザなどが重なる時だけに、プライベートなことを持ち込むと二人の関係まで影響が及びそう。
恋人への八つ当たりや愚痴のオンパレードは控えて。
二人でいる時は明るいムード作りを心がけて。

仕事運
・初心に返ることが大切
・新規の事はなるべく避けること
・金銭面では万全の備えを

日常的な仕事も気を抜けば、不本意なミスを連発しそう。
キャリアを積んできた人ほど、初心に戻って自らを見つめなおす時。
新規事業や企画の着手は控えて。
自分のやるべき事をきっちりこなすこと。
投げやりにならず争わずが無難な時。
また金銭面も厳しくなりそうな今期、転職や大金を動かすのは危険。
特に自営業の人は取引先の不調や倒産などに巻き込まれないよう、常に先を読み、備えを万全にしておいて。

■ラッキーカラー:赤、紫、オレンジ、ベージュ
■ラッキースポット:フラワーガーデン、コンサート会場
■ラッキーアイテム:アメジスト、アロマキャンドル
■おすすめの食べ物:カニ、貝類を使った料理、色彩の鮮やかな食品、馬肉・スッポン料理、のり、苦味のあるもの
■おすすめのインテリア:サボテン、赤いコップ、写真、絵画、海やヨットの絵、太陽・炎・火のモチーフ

-九星気学占い
-, , , , , , , ,